MESSAGE

製塩をルーツにコングロマリット型企業として成長 「社内異業種交流」の強みを活かし販路を広げたい
当社のルーツは明治16年、綾歌郡林田村(現・坂出市林田町)での塩づくりのさかのぼります。サトウキビと製糖でうるおった村でしたが、明治維新で外国産砂糖が入ってきたことから国産の砂糖が暴落。そこで救済策として新しく塩田事業が立ち上がったわけです。苦労を重ねて工事が完了したのが明治32年のこと、それから80年ほどは製塩を続けてきました。社名はその歴史の名残であり、当時の塩田事業の最大出資者が、当社の初代社長となりました。その後、塩だけでなく堤防用のセメント事業がスタート。製塩に重油を使うことから出光興産の代理店になったり、薬用ニーズから栗田工業の代理店になったりと少しずつ多角化してゆく事業部門を、当初は商事部が統括していました。そこから現在のグループ会社が立ち上がり、コングロマリット型企業として今日まで成長しています。現在は製塩こそしていませんが、生コン部門、LPガス・ガソリンスタンド・太陽光などを扱うエネルギー部門、水・環境設備部門、セメントの荷役業、米保管の倉庫・外壁工事業、坂出市林田港近辺の土地賃貸などを展開。もはや毎日社内で異業種交流をしているようなものですね。各部門に必ずしもシナジーがあるわけではないもの、「地域の暮らしを守るもの」を扱い、まちづくりに貢献するという点では一貫したテーマがあるのではないでしょうか。それぞれの顧客層に共通するところもあり、今後は事業間で情報共有を促進することで、販路拡大を活性化しよと取り組んでいます。

ABOUT

会社名
林田塩産株式会社
設立
 
明治27年2月(創業 明治16年)
代表者
 
代表取締役 谷 俊博
所在地
 
坂出市入船町1丁目3-12
資本金
 
1億800万円
社員数
 
20名
基本給
 
高卒初任給173,000円〜、中途入社の場合は年齢・資格・職務経歴により優遇 昇給1回、賞与2回
休日休暇
 
日祝、第2・4土曜、他土曜、夏季、年末年始他(年間休日111日)、有給休暇、特別有給休暇、出産・育児・介護休業制度
福利厚生
 
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、財形貯蓄、退職金制度、永年勤続表彰、資格取得支援制度、慶弔見舞金制度、会社負担で実施…懇親会、昼食会、社内勉強会、社員旅行(2019年実施)
インターン有無
 
大学生アルバイトの有無
 
担当者連絡先
 
会社ホームページ