MESSAGE

140周年を目前に体制改革も順調 若手の柔軟な発想力を大切にしたい
当社のルーツは明治時代、綾歌郡林田村(現・坂出市林田町)での塩づくりにさかのぼり、社名は80年ほど続いた製塩事業の名残です。やがて堤防用のセメント事業が始まり、製塩に重油を使うことから出光興産の代理店になったり、薬用ニーズから栗田工業の代理店になったりと多角化してゆく中で現在のグループ会社が立ち上がり、コングロマリット型企業となりました。どちらかというと、技術よりも「人材力」を売る商社的な会社です。現在は生コン部門、LPガス・ガソリンスタンド・太陽光などを扱うエネルギー部門、水・環境設備部門、セメントの荷役業、坂出市林田港近辺の土地賃貸など「地域の暮らしを守る」「まちづくりに貢献する」事業を広く展開。エネルギー部門と不動産部門が自発的に連携しはじめたり、ガソリン外販と建材販売が一緒に営業回りをするようになったりと、以前のセクショナリズムの枠を超えて少しずつ「社内異業種交流」が進みつつあります。社員同士の交流も深まっていて、さらに何か新しいことが生まれるかもしれません。140周年に向けて、作業ユニフォームやロゴも一新しました。設備などハード面のリニューアルを進めるかたわら、コンサルタントの監修のもと、新たな給与制度の仕組みづくりにも取り組んでいます。従来の査定に「お客さま視点」の基準を導入し、自分が活躍していることを実感できる評価体制に修正しているところ。社員が永続的に当社の株主となれる「社員持株会」も構想しているほか、増収増益した年は一律で現金賞与を出す方針です。今は世の中が転換期を迎えていますね。景気が悪いのに物価が上がるのはオイルショックの時と同じ流れで、過去に倣えばいずれインフレを迎えるはずです。そうなる前に体制を整えておけそうで、ひとまずはホッとしているんです。

ABOUT

会社名
林田塩産株式会社
設立
 
明治27年2月(創業 明治16年)
代表者
 
代表取締役 谷 俊広
所在地
 
坂出市入船町1丁目3-12
資本金
 
1億800万円
社員数
 
20名
基本給
 
高卒初任給173,000円、短大・専門卒初任給186,000円、大学卒初任給199,000円、中途入社の場合は年齢・資格・職務経歴により優遇、昇給年1回、賞与年2回
休日休暇
 
日祝、第2・4土曜、他土曜、夏季、年末年始他(年間休日:111日)、有給休暇、特別有給休暇、出産・育児・介護休業制度
福利厚生
 
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、財形貯蓄、退職金制度、永年勤続表彰、資格取得支援制度、慶弔見舞金制度、会社負担で実施…懇親会、昼食会、社内勉強会、社員旅行(2019年実施)
インターン有無
 
大学生アルバイトの有無
 
担当者連絡先
 
会社ホームページ